伊那修太のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ありがた味

<<   作成日時 : 2017/04/21 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月21日(金) NHKで4月7日に放送された“人生の思い出レシピ: ゴマだれご飯”
  東京都内の方で、結婚されて生まれた子が病弱だったため、義父母が作ってくれたのがゴマだれ。“義母がフライパンでゴマを炒り、義父が大きなすり鉢でゴリゴリすって、ご飯にかけて食べさせたら、病弱だった子が元気になっていった。”と紹介されていた。“あの味を再現しようと自分でも作ってみているのですが、なかなかあの味がでません。”とも。
 今日、妹が京都から送られてきたタケノコを煮て持ってきてくれた。柔らかくて香りがして、とても美味しい。日本という国は四季折々の自然を普段の食卓でも感じることができるから本当に素晴らしい。 


画像
 

 自分で料理を作らない人はあまり分からないかも知れないが、いつも自分で料理を作っている人がよくする話、“人が作った料理は美味しい”。同じ炊飯器、同じお米、同じ水を使っているのに、子どもが炊いてくれたご飯は美味しい、と言う。同じ食材で、教えてもらった作り方で作っているのに、お袋の味が出ない、と言う。母はきんぴらゴボウをどんな風に作ったのか、時々考えることがある。
 味覚(みかく)には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味としてあるようだ。この5つ味の調味料を同じように使っても人が作ってくれたものの味が違うというのはどういうことなのか。考えた末に思いついた、“ありがた味”というのがあるのではないか、と。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ありがた味 伊那修太のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる